小分子メソッド開発とCE最適化 (ドラフト版)

Skyline

唯一のプリカーサーm/z、プロダクトイオンm/z、そして衝突エネルギーの値のみが指定されている文献引用から、安定同位体標識の小分子をターゲットとするSkylineドキュメントを作成する方法を学びます。また、Sciex製Triple QuadによるCE初期値を用いたWaters製Xevo TQ-Sの複数の繰り返し測定データセットをインポートすることで、小分子の保持時間スケジュール設定と衝突エネルギーの最適化を実施します。ターゲットプロテオミクス用に当初作成されたSkylineの多くの既存機能が、現在では非プロテオミクス小分子データにいかに適用されているかを学びます。(39ページ)

[ダウンロード]



* - 元はSkyline 4.1にて導入。v19.1、v20.1で更新。

2015年2月10日にSkylineチームが作成した ウェビナー#4: Skylineターゲットメソッドの編集では、小分子サポートの先行情報をお伝えします。

[ウェビナー]]

2017年11月7日にSkylineチームが作成したウェビナー#16: Skylineの小分子研究サポートに関する新しい資料を紹介します。

[ウェビナー]

このMSACL 2015ポスターを読み、Skylineによる小分子の定量化の詳細をご確認 ください。


previousnext
 
expand all collapse all