ここでは、スケジュール化された測定やピーク同定のための保持時間予測を行うためのiRT値について学んでいきます。校正された実測のペプチドの保持時間をライブラリーに蓄積することで、将来的に活用することができます。このチュートリアルでは、iRTカリキュレータによる校正方法や、Biognosys社により提案されているiRT-C18というキャリブレーションについて、iRT-Kitのペプチド標準品を用いて詳細に学んでいきます。さらに、SRMの測定データやスペクトルライブラリ、また、探索実験におけるMS1スキャンの測定データから得られたクロマトグラムピークからもiRT値を校正していきます。さらに、新しく設定したグラジエント条件で、新しいカラムを使用してスケジュール化したSRM測定をする際の、iRT値の再校正の方法も学習していきます。また、これらを通じて、iRT値に基づいて、保持時間を正確に予測することにより、クロマトグラムのピーク同定における信頼性が向上することもわかるでしょう。(35ページ)

[ダウンロード]

* - Skyline v1.2より導入。v1.4、v2.5にて更新。

私たちのProteomics誌の論文もご覧ください。(こちらを引用下さい)
Using iRT, a normalized retention time for more targeted measurement of peptides
[要約]


Search 

Pages 

previousnext
 
expand all collapse all