ここでは、公開されているSRMのトランジッションのリストと質量分析装置の測定データを用いて、Skylineにより安定同位体標識された内標準ペプチドを利用した定量分析について体験していきます。Skylineのピークエリアと保持時間のサマリーチャートを活用することで、あなた自身のデータを効果的に分析する方法を学びます。(45ページ)

[ダウンロード]

* - Skyline v0.7より導入。v1.4、v2.5にて更新。


Search 

Pages 

previousnext
 
expand all collapse all