大規模なデータの解析をSkylineにより効果的に処理する方法を学びます。ここでは、14匹のラットから採取した血漿での健常群と疾患群で検出したターゲットタンパク質の差がきちんと捉えられるようにしていきます。一連のデータを処理することを通じ、短時間でデータ全体を捉え、差を理解ができるSkylineの便利な画面表示を知ることができます。さらに、Skylineのバージョン3.1で導入された、Skylineによる群間の差の比較方法についても経験できます。 (73 ページ)

[download]

* - Skyline v3.1にて導入。


Search 

Pages 

previousnext
 
expand all collapse all